美容整形でできること

コンプレックスの解消

自分の顔が大好きと答えれる人はあまりいません。例えば目が大きければよかったとか鼻が高ければよかったとか、誰しも自分の顔には何らかのコンプレックスがあります。そのコンプレックスを解消することができるのが美容整形です。
鼻を高くする場合ですと中にシリコンを注入したり、骨を削って骨格をシャープにしたり、目を大きくする場合だと目頭を一回切って二重まぶたを作ったりなどいろいろな方法があります。このようにして、顔の造詣を変えることはもちろんですが、自分の顔の気になる部分を変えることによって自分の顔に自信が持てるようになります。化粧で工夫できる範囲が限られているのでもっと美しくなりたいと思う人は美容整形をすることもあります。

怪我や病気の修整にも

美容整形は一般的に美しさを求めて行う人ばかりと思われがちですがそうではありません。例えばやけどで顔に大きなやげどの後を負ってしまった、けがをして顔に傷が残ってしまった、などの普通では治らない異常を治すことができます。
具体的な方法は体の余分な皮膚を移植する方法が良くとられます。おしりやふとももなど肉が厚くて皮膚がいっぱいある部分を利用します。こうして普通の治療では治らない皮膚の病気や、怪我に対して見栄えを良くすることができます。なので過去に治らないぐらいの大きな傷をもっている人は現在の美容整形技術ではかなり進歩しているので多くの場合違和感無く移植できるので、もし気になる人がいたら医者に相談するのが良いです。