美容整形って痛くない?!

メスを入れずに栄養成分を注射する施術が痛くないと人気

美容整形では、昔に比べて手術をしなければいけない施術が減ってきています。
例えばバストを大きくしたい際に、昔はメスを入れてシリコンを入れる方法が多く見られましたが、近年では手術はせずにヒアルロン酸を注射器で注入するような施術が人気です。保水成分であるヒアルロン酸を注入して、胸をふっくら見せるのです。これであればメスを入れないので痛みもほとんどなく、日帰りで行えます。
そのほかにも、レーザー治療や点滴治療など、手術ではない美容整形が多くあります。こうしたメスを入れない治療方法が開発されたおかげで、患者が痛みを感じる程度も少なくなっており、痛みの恐怖を感じずに済むでしょう。痛みが気になる人は、医師と相談してこういったメスを入れない方法を選ぶと良いですね。

痛みが気になる人はプチ整形をすれば安心

プチ整形というものも、美容整形では人気を呼んでいます。料金面でも比較的リーズナブルである上に、何より切開をしないので痛みがほとんどないというメリットがあります。
プチ整形であれば、痛いのは嫌という人でも安心ですね。
代表的なプチ整形が、一重まぶたを二重にする施術です。これは細い針で糸を縫い付けることで一重を二重にして目元を大きく見せるという方法で、メスは入れません。涙袋を作る施術もあります。ぱっちり二重に憧れる人は、こうした目元のプチ整形をしてみるのも良いですね。
プチ整形はそのほかにも、えら張りをなくすためにえら部分にボツリヌス成分を注射器で入れて筋肉の動きを抑えるなどの方法もあります。これもメスを入れずに済み、痛みもほとんどありません。